防水書証書

防水改修の10年保証について

防水書証書

防水改修の場合の防水保証は、10年です。

但し、部分的なワンポイント施工の場合は、保証の対象外となります。
その理由として、部分的な補修工事の場合は、その他の箇所から雨漏りがする可能性がないとは言い切れないからです。

例:ウレタン塗膜防水の場合、
*フッ素コート塗布(10年間塗り替え不要)
*遮熱コート塗布(10年間塗り替え不要)
*通常コート塗布(5年後、当工事店による塗り替えが必要です。)

緑化防水の15年保証について

当工事店の緑化防水屋上緑化の場合は、緑化の下になる箇所の防水保証は15年 、防水層が露出する箇所は最長10年の防水保証となります。

もちろん、15年でダメになるというものではありません。
その理由は、緑化防水の場合、紫外線から防水層が保護されるという利点があるからです。

防水保証書に対する当工事店の考え方

保証書を発行する際に、会社の社判と代表取締役印を押していますが、いつも個人の実印を押している、という感覚で捺印しています。

画像の説明

例えば、発行した防水保証書が期間限定であるとはいえ、その間に工事の欠陥が原因で事故があった場合、信用をなくした上、修理をすることになります。

これがどれだけ、自分の首を締め付けることになるのか・・・
考えただけで恐ろしいことです。

「実印を押すことができないような中途半端な仕事はしない!」
これが、当工事店の職人社長の考え方です。

お問合せはこちらへ

お電話、ファックス、またはメールフォームより、お気軽にどうぞ。

電話 048−422−8737  ファックス 048−422−8747

〒335-0031 埼玉県戸田市美女木3−17−4

クリエイトコスモ株式会社