屋上防水工事

ビル、マンション、個人邸の屋上防水の改修工事のサイクルは一般的に10年とされています。

10年ごとに屋上防水、ルーフバルコニー、バルコニー等の防水改修工事をちゃんと行えば、雨漏りに苦しむことはまずないでしょう。

画像の説明

しかし、割と多いのは15年、20年防水改修工事をしていないために、防水層がすでに経年劣化の為、防水の役割を果たしていないケースです。

屋上には2タイプあります。
一つは防水層の上にモルタルの保護層がある防水層が見えないタイプ。
もう一つは露出防水です。
露出防水というのは、防水層の上にトップコートを塗布している防水が見えるタイプです。

アスファルト防水、シート防水、ウレタン防水等の露出防水は、防水層が露出しているだけに、紫外線の影響を受け、劣化は避けられません。

画像の説明

露出防水の場合は、防水を施工してから5年以内にトップコートの塗替えをする必要がありますが、5年後のメンテナンスがなかなかできない場合は、トップコートにフッ素コートを使用します。

フッ素コートはもちろん高価ですが、10年間塗り替えをしないですむので、塗替えのメンテナンスをしたくない場合は、フッ素コート仕上をお勧めしています。

屋上防水の状態を点検する機会は、あまりないかもしれませんが、たまには点検をしてください。

よくありがちなのは、強風で飛んできた土がドレン付近にたまったり、そこへ植物の種が落ちて、雑草が生えたり、木が生えたりすることです。

屋上を定期的に点検することで、希望していない屋上緑化から防水層を守ることができます。
もし、防水層が切れている箇所を発見しても、小さな工事ですむはずです。
大規模な防水改修工事になるのは、雨漏りがするまで放置した場合が圧倒的に多いようです。

定期点検を忘れないようにしましょう。
(2015.4.3)

職人社長安藤のblog-Gooブログはここをクリック!

お問合せはこちらへ

お電話、ファックス、またはメールフォームより、お気軽にどうぞ。

電話 048−422−8737  ファックス 048−422−8747

〒335-0031 埼玉県戸田市美女木3−17−4

クリエイトコスモ株式会社